滋賀の整理収納アドバイザー坂根陽子のブログ

娘、初の遠征にて役に立ったこと3つ

整理収納

大型連休も、今日が最終日ですね。

このGW、我が家の三姉妹の長女(中1)は、初の遠征に行ってきました。

初の遠征。何を準備するの?

アメブロ時代から読んでくださってる方はご存知だと思うのですが、我が家の三姉妹はバドミントンをやってます。

ですが、遠征に行くのは今回が初めてのことでした。

二泊三日の食料、飲料ってどれくらい?!

初めてということで、気になることは食べ物と飲み物!

コーチや付き添いの保護者さんは何人かいきますが、わたしは付き添わなかったので、次のことを遠征のLINEグループで相談しましたよ。

  • 食料、飲料どれくらいいる?
  • お金どれくらい持っていく?(自分で管理大丈夫?)
  • 水筒洗ったり、シャツ洗濯したりする?などなど

荷物、四つになってしまいました^^;

買った食料、飲料はこれくらい!ディスカウントストアで買いました。

実際に持って行ったのはもう少し少なめです。(お茶2リットル2本、アクエリアス3本。あとは持参しました)

現地でも買えるんだろうけど、極力どうしても買わなきゃいけないもの(朝食や昼食など)以外は、持たせようと思って。

結局、荷物は四つに!

  • 貴重品バッグ(常に持つ)
  • ラケットバッグ(体育館へ)
  • 衣類のボストンバッグ(ホテルへ)
  • 食料・飲料のキャリーバッグ(ホテルへ)

キャリーバッグは帰る頃にはほとんど空になったので、ボストンバッグを中に入れて帰ってきましたよ。

役に立ったこと3つ

あと、整理収納アドバイザーぽく(?)分かりやすい仕組みにしたことを3つほど。

  1. 荷物が多くなったので、キャリーバッグにS字フックをつけてボストンバッグを引っ掛けるようにしました。
  2. また、手作りネームタグも作りました。車やホテルで付き添いママさんもわかるように^^ピータッチキューブ の可愛いフォントで作りましたよ。
  3. お金ですが、財布を2つ持たせました。

千円札を10枚の1万円持参。
1つは貴重品バッグに2000円、
もう1つの財布は付き添いママさんに預けました。

荷造りは自力の一歩につながる

娘には幼いころから実家への帰省などへの荷造りをさせていたので、
これまでの学校のお泊りでも、自分が使いやすいように荷造りしてました

 

今回も食料などの準備はしましたが、荷造りは娘が自分でしました。

親が代わりに用意するのは簡単です。

でも三日間、向こうで生活するのは娘本人。
何が必要か考えて、自分が使いやすいように整理し、行動するすることは自立の一歩に繋がると思っています。

生活だけでなく県外の選手と戦うことで学ぶことがたくさんあったみたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました